ブログ管理者、中和田收(なかわだおさむ)プロフィール

 

※リライトしたブログになります。

 

ご紹介されて出張に伺った先は83歳と80歳の姉妹。 

紹介して下さったのは70代後半の弟さんです。 

 

僕が行くと 

「あらあら、すみませんねぇ~ありがたいありがたい」 

と正座して拝んでくれました。 

 

 

そして 「あらやだ!お寿司!お寿司を取りましょう!」

と83のお姉さん。 

 

 

「あ、いえいえ、僕はこのあとも自宅に戻って仕事があるので(^^;;」 

と丁重に断ろうとすると… 

 

「先生の取るわけないよ(笑)わしらのだよ(笑)」と弟さん。

 

恥ずかしい!!!そりゃ取るわけない!! 

なんで自分の分までと勘違いしたんだろ!!! 

 

 

会話の流れと僕が来たタイミング。 

うっかり僕のを取ってくれると勘違いしてしまいました(^^;; 

 

 

そしたらお姉さん 

「先生のに決まってがしょうに!先生にお寿司出さんで何出すの!本当におまえは礼儀知らずだ! 漬物でも食わせっちゅうのか!この馬鹿!」 

 

 

あっ、いえいえ僕は施術に来たので施術を… 

弟さんが仰ることは、間違いではありません(^^;; 

 

 

先生と年長者に言われるのはどうも… 

うちの両親より上だ… 

 

 

なんてモジモジしている間に 

「特上4つ!急いで来てよ!大変な先生が来てるんだから!」 

と電話している。 

 

 

大変な先生って(^^;;…

いったいどんな紹介したのだろうか(^^;;

 

お金をいただく以上

「いやいや、大したことはありません」

とは言いにくいです。

 

ラーメン屋さんが

「うちのラーメン大したことありません」

って言うようなもの。

 

「じゃあ、開業してお金取んなよ」

と言う話しになります。

 

 

 

でも大変な先生

とか言われると、神業的に、どんな症状も治しちゃうみたいでプレッシャーです(^^;;

 

「治す」という表現は、違反になりますし、どうしたって治らないものもあります。

何故なら人間は、日々老化して、いつか肉体は朽ちるからです。

 

 

 

お寿司は大好き過ぎますし、特上だなんて言われて嬉しくないわけありません!!

でも、お寿司を食べている時間は本当にないんだよなぁ~ 

 

 

「あ、本当に食べたいし有り難いのですが、実はこのあともすぐに仕事がありまして…」 

と言ったのですが、全然話しを聞いてくれません(笑) 

 

 

そのまま電話を置いてしまいました。 

そして

「いいんですよいいんですよ。ゆっくりお寿司食べてくんさい。私らのことは2~3分見てくれればありがたいです」 

いやぁ~2~3分では何もできないし、それではお金を戴けません(^^;; 

 

 

結局最後は半ば強引に横になってもらい、施術に入りました。 

 

83歳のお姉さん。 

数年前から腰がくの字に曲がっています。 

 

うつぶせも、仰向けもできないので、横向きなっていただきました。 

そして、腰から足にかけて揉みほぐしました。 

 

 

「ありがたいねぇ~気持ちがいいねぇ~」と喜ばれ、更に気持ちを入れて揉みほぐしました。 

 

 

1時間後 

「ありゃ~腰が真っ直ぐになったよ!何年ぶりだろか!ほれ見てみぃ!」

自慢げにみんなに見せます。

 

僕もびっくりしました。

え?なんで???

 

 

 

スゥーハァーと深呼吸して

「息がいっぱい吸い込めるよ! 病院に行っても全然だめだったのに…ありがたいありがたい!」 

そして僕を拝んでくれました。

 

 

完全に折れ曲がっていた腰が、スッと真っ直ぐになりました。

僕は言われていた通り、一躍「大変な先生」になりました 

 

 

でも…正直に言いますが、 腰を真っ直ぐにしようなんて思いませんでした。

真っ直ぐにしてとも言われませんでした。

 

 

そして無理です。

90度に曲がっている腰。

 

あれだけ変形していたら無理なはずです。

少なくとも、そんなスキルは僕にありません。

 

これを読んでいる施術者がいたら、お伝えしておきます。

90度に曲がってしまったような腰を、真っ直ぐにしようだなんて、そんなことしようとしたら危険です。

 

 

 

では何故そんな奇跡が起こったのか? 

それはお姉さんの気持ちが強いのだと思います。

 

 

なんて紹介したのか分かりませんが、僕が神業を持った治療師。

不可能を可能にする治療師。 

大変有名な先生だと勘違いしたからかもしれません。

 

 

この人に任せれば良くなる!

そう思い込んだからからだと思います。

 

僕は腕に自信があるので開業しました …が、くの字に曲がった腰を治す自信は今でもありません。 

危険なので、無理にしようとしたら、そもそも弱っている骨が折れてしまう可能性があります。

 

 

 

 

考えたこともありませんでした 癌患者の人にただの小麦粉を渡し 「この薬を毎日飲めば、必ず癌は消える!」 と言い、それを心底信じて飲み続けていたら本当に癌が消えた そんな実例もあります ※それで商売したら犯罪ですよ 信じる力は奇跡を呼びます ところでお寿司は 最後に一気食いして、なんかもったいない食べ方でした セラピストスクール http://ameblo.jp/osamusasi/entry-11935830552.html グリンブルー岡見店の空き状況 https://twitter.com/GrinBlue グリンブルー岡見店HP http://nakawada.jimdo.com/ グリンブルー牛久中央店 http://grinblue.jimdo.com/